1060 松江・雲南旅行の報告会

 6月6-9日、八雲の会2名が3名を案内して、松江市・雲南市・奥出雲町を旅行しました。目的は「ロングステイの可能性調査」です。 
 7月4日、横浜で報告会を持ちました。参加者は、旅行した3名(古屋、西、三島)+17名の20名。「雲南市東京ふるさと会」から2名(舟越、深田)。 
 12時に集合し、持参の弁当を食べてから、16時までの時間。主な発表は 古屋さん。古屋さんは島根県出身ではありません。これがよかったと思います。出身者はどうしてもお国自慢がでてしまいますから。
   古屋嘉祥氏:横浜市出身。カルチュラルニュース日本支局長(日本の文化を海外に伝える    

         英字新聞を発行)。NPO法人関東シニアライフアドバイザー協会理事。 
 西さん(雲南市出身)の挨拶です。
 ・作家の平野久美子さんの「ロングステイ探索に島根へ行ってみたい」がきっかけになった。
 ・日本刀に欠かせない材料(玉鋼)を作る「たたら」が注目されている。
 ・菅谷高殿の側にある神木の「桂」は、春に、赤くなり、黄色になる。
 ・行ってみませんか。  
 お礼メールです。
 「貴重なお話いろいろと参考になりました。少なくとも鳥取県、島根県に団体旅行ではなく、ゆっくりと夫婦で個人旅行してみたくなりました。(中略) 古屋様の仰るように滞在型の旅行がベターだと感じました。」 
  16.7.5