1046 第20回菜の花忌

 20日、日比谷公会堂で開催の第20回菜の花忌に行ってきました。司馬

さんが亡くなって20年が経っています。足元が悪いに関わらず、会場は3

階席まで一杯。敬意をもった読者たちの気持ちのいい集まりでした。

 

 プログラムは第1部贈賞式、第2部がシンポジウム。第19回司馬遼太郎

賞受賞者は「狗賓童子の島」の作家・飯嶋和一氏でした。この小説の舞台は

幕末維新の隠岐(島根)です。飯嶋さんは、スピーチで、北斎の富士の絵を

例に「色んな見方がある」と語っていました。

  http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_i1_201503.html

 

 シンポジウムのパネリストは4名。それぞれがいいと思う作品を3つずつ

挙げる趣向がありました。下表のとおりです。にわかに「俄―浪華遊侠伝」

を読んでみたくなりました。 

 

 1番

 2番

 3番

 磯田 道史

街道をゆく

花神

播磨灘物語

 東出 昌大

竜馬がゆく

国盗り物語

 片山 杜秀

国盗り物語

坂の上の雲

 辻原 登

街道をゆく

韃靼疾風録

梟の城

 

 俳優の東出さんは、19歳のとき、父上の余命宣告をきっかけに読み始め

たそうです。「21世紀に生きる君たちへ」を、若い人にぜひ読んで欲しいと

呼びかけていました。

 

 開始1時間前には、3列目に座っていたのですが、磯田さんがやってきて、

そのわけを説明。「浅沼稲次郎が山口乙矢に刺殺されたのは日比谷公会堂。山

口乙矢はこのあたりの座席だった。ここへ来るのは初めてなので、歴史学者と

して現場を確認した」そうです。

 

 本日の模様は、3月27日、Eテレで放映されます。

 

 来場者へのお土産は、壇上に活けてあった菜の花2本でした。下を向いてい

たのが、今朝はシャンとしています。

 

  16.2.21 八雲の会 三島