1021 出雲國一之宮 熊野大社

熊野といえば和歌山を思うのが普通でしょうが、島根にも熊野大社があります。

祭神はスサノオ、出雲國一之宮です。(松江市八雲町熊野)

 19日夜、熊野大社境内で開催の「第23回庭火祭 インド民族音楽の夕べ」を

観て聴いてきました。月光の下、かがり火の中の音楽や舞踊は格別でした。入場は

無料とし、寄付を募っていました。

 プログラム:1.熊野大社八雲楽(熊野大社伶人) 2.庭火の笛

       3.インド民族舞踊

 熊野大社は「火」のはじめです。毎年10月15日、出雲大社が、お土産(お餅)

持参で火をおこす道具(杵と臼)をもらいにくる亀太夫神事が行われます。亀太夫

はお餅にさんざん難癖をつけたあと受け取り、道具を渡します。千家宮司はお礼に

百番の舞を舞います。この日だけは、出雲大社の上に立つ、珍しい神事です。

 20年以上前ですが、交流先の目黒区八雲の皆さんに、参拝してもらったことが

あります。感動したという方も、しびれがきて参ったという方もいました。

 この神事を目玉にした新しいツアーのチラシを入手しました。

    企画・実施 松江観光協会(兼森、宇田川) 0852-27-5843

    旅行日   10月15日(木)日帰り

    旅行代金  3980円

 観光協会が着地型ツアーの企画・実施を始めたこと、テーマとして熊野大社の神事

を選んだことに注目します。定着し発展するように願います。


 9.27 八雲の会 三島