997 ロボコン(ロボットコンテスト)博士

 24日、都内で開催の「第15回 NCLセミナー」に参加しま

した。主催者はメガネの三城の創業者に関わりがあるNPOです。

  *NPOニューロクリアティブ(NCL)研究会

 

 講師は「ロボコン博士=東京工大名誉教授」の森 政弘氏。演題は

「創造する脳~日本人の智慧と創造性」でした。88歳で、耳は

遠いようですが、お元気で頭脳は冴えています。

 

 覇気のない学生に「座学では変わらない、手を使わせることだ」

と考えて、1976年から始めた新規授業「創造工学演習」がロボ

コンの源流となりました。高専ロボットコンテスト(NHK放映)

の役員を勤め、そのコンテストは今年で28年目です。

 

「八戸3中」のロボコンのお話しは感動的でした。荒れていた

生徒たちが変わっていきます。よき指導者がいました。

 

 チームは4人が一組、このとき好きな仲間とは組ませません。親

しくなかった者同士が協力することで知恵を出します。あきらめな

いで格闘します。完成したときの感動! 新しい仲間意識も生まれ

ています。

 

 生徒たちが気づいていった体験を書いた作文。中身があって、長

文なのに国語の先生が驚いたそうです。文章をスクリーンで見せな

がら、読まれました。手書きの下手な字ですが、欄をあふれるばか

りの文章に、拍手がおこっていました。

 http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2001/3-robo.htm

 

 宇宙の構成は「陰・陽」から成っているのに、現代は「陽」ばかり

に視点が注がれ、「陰」の重要性が全く気付かれていない。ロボコン

は「陰」を養うものだそうです。

 

 3.26 八雲の会 三島