966 日進産業・石子社長

17日、益田市職員3名を日進産業(板橋区)に案内し、石子社長の気合
の入った説明を伺いました。社長は益田市美都町の出身。父祖の地への思
いには格別のものがおありです。

「ガイナ」開発の発端について質問がありました。断熱材(数十ミリ)を
使うことができない狭いところで、断熱の要請があり、これの対策を考え
たのがきっかけだそうです。26年前のこと、娘さんの年と同じです。1
ミリもない塗料で、ウレタンなどの断熱材と同等の性能をもたせようとは
普通の人は考えません。

JAXAはロケットの先端部の断熱に塗料を開発していました。2005
年6月、JAXAの技術が日進産業に移転されます。大手塗料メーカーと
の競争のなかで弱小の日進産業が選ばれました。JAXAがいちばん驚い
たのは100度に熱した鉄板にさわれる!ことです。宇宙技術の民間移転
は重要なミッションです。「スピンオフ」といいますが、ガイナはスピン
オフの優等生です。

週刊新潮(2011.6.23)の特集記事「中国マネーが買い叩く中小
企業の虎の子 富坂聡」なる記事は、冒頭にガイナを取り上げました。中国
は相当品を開発しようとして、ギブアップしたそうです。石子社長によれば
「類似品は50くらいあるが、ガイナに匹敵するものはない」そうです。

ガイナは断熱、防音、消臭などの機能をもっています。最近わかってきたの
は「空気質の改善」「人体への効果」です。大手住宅メーカー、つくば大学
が確認しています。「シックハウス」、「熱中症」にいいそうです。

ご希望の方に、当日のメモをお送りします。

7.19 三島 八雲の会