959 小泉八雲講座ー4

第4回小泉八雲講座(24日)の講師は、田中瑩一島根大学名誉教授でした。
ただひとりの島根在住の講師、私には高校時代、クラス担任、クラブ顧問と
してお世話になった恩師です。

テーマは「雪女ー八雲は日本の民話をどう聞いたかー」。依頼があってから
半年、この日の準備をされました。1時間半の講義は、わかりやすくて深み
のある内容だったと思います。(レジュメ全6頁)

ナイアガラの滝があるわけでない島根旅行は、しかるべき方の解説が重要と
考えます。「小泉八雲ツアー」を企画するときは、先生にお願いしています。
松江の「うたごえ喫茶」で、民話の朗読をなさっているそうで、準備OKです。

島根大学での教え子、茨城大学の昌子(しょうじ)佳弘教授がおみえでした。
この珍しい名前で、八雲の会でお話を聞いた昌子住江・関東学院大学教授を
思い出します。紹介者はイング総合計画・斉藤俊幸社長でした。

斉藤社長の実績に熊本県荒尾市での「徒歩圏内マーケット」があります。高齢
者を対象にしたビジネスの可能性を実証したものです。講座のあと、神田の居
酒屋で両先生と歓談したとき、話題にしました。先生は80歳、免許は返上さ
れたので、「ひとごとでないな」とつぶやいておいででした。

5.25 三島/八雲の会