956 小泉八雲講座-2

4月26日、第2回小泉八雲講座講師は、作家(NHKドラマ「日本の面影」作者)の山田太一さんでした。

 

ドラマ(八雲はチャキリス、節は壇ふみさん)は1984年3月に放映されました。

あれから30年が経っています。一部ですが、見ることができます。

 http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=257

 

八雲にはダスティンホフマンを希望したのですが、ギャラがあわず。チャキリス

が尋ねてきました。ウエストサイド物語のイメージが強く避けたかったのですが

しかたなく決定。日本ではホテルを出ないで、日本語を丸おぼえしたそうです。

 

舞台では八雲は風間杜夫、節は三田和代でした。アイルランドでの公演のとき、

三田さんが倒れたことから急遽劇団員が代役に。観客に了解をえて始め、なんとか

終えたとき万雷の拍手でした。「マイナスがもつプラス効果」を知ったそうです。

 

山田さんは、八雲の作品のなかでも「松江の朝」を、「いちばん大事、かけがえ

がない、教えてもらっている、重んぜよ」と言われていました。富田旅館での朝、

聞こえてくる杵、拍手、ものうり、下駄の音を記した名文です。

 

八雲は進歩には懐疑的でした。科学を信頼しながらも、信頼しきれない現代人への

八雲のメッセージは「魂が欠けている」です。山田さんは、吉野弘さんの詩

「魂のはなしをしましょう」を紹介していました。詩の全文(burst 花ひらく)をご覧ください。


 http://yoshiyukiumeda.blog13.fc2.com/blog-category-9.html

 

5.1三島・八雲の会