948 有機野菜

3日、都内で、有機野菜の生産者・関元弘さん(42歳)の講演を聴きました。

22名で構成する「オーガニックふくしま安達・OFA」の代表です。

 

関さんは2006年農業の世界に入りました。都内の生まれで、農家出身では

ありません。農水省に勤務していたとき、福島県二本松市で2年間仕事をした

ことがきっかけとなり、Iターンして農業の世界へ。夫人は農水省の同僚だった

方ですが、留学した英国の農業に希望をもち、就農に積極的だったそうです。

 

関さんの拠点は二本松市東和地区(旧東和町)です。かつての「養蚕日本一」。

(いまは「放棄地日本一」。)福島県は有機農業に力を入れていて、二本松市は重点

です。「結い」の精神が生きていて、桑の木の掘り起こしから始まった畑作りでは

助けてもらいました。盛んだった「どぶろく」文化は、「ワイン」に転じています。

 

OFAの特長は有機野菜を核とした「多角経営」です。種類では地発泡酒(ビー

ア)、

ワイン、シードルを生産・販売しています。有機農業の理解に必要な「農業体験」、

「農家民宿」など、グリーンツーリズムにも取り組んでいます。「木綿栽培」もこの

中に位置づけられるでしょう。

 

2012年に1000万円近くあった売り上げは、昨年大幅に落ち込みました。

「震災支援疲れ」「原発の水漏れ」が要因です。厳しい現実ですが、関さんは

楽観的で、前向きにフクシマ復興にあたろうとしています。

 

講演の参加者は、OFAを支援したいというシニアたちですが、有機農業の理解は

いまいちです。「まずは行ってみよう」とのコンセンサスができつつあります。

3度目となる「石川町応援ツアー」の経験は、貴重な情報です。上記3種のお酒

に「どぶろく」「日本酒」なども加えた「アルコールツーリズム」が面白いとの

声もありました。

 

3.11 三島 八雲の会