932 文京区で西周

27日(日)、文京区千駄木で、西周の講演会がありました。

   ・テーマ 「鴎外が描いた西周像」

   :講師  張厚泉氏(上海東華大学日本語課主任教授)

   ・会場  本郷図書館

 

 定員は40名でしたが、倍はおみえでした。なじみの薄いテーマ

によく集まったものです。

 

 津和野が生んだふたりの偉人、森鴎外と西周。本郷図書館は、

鴎外記念館(観潮楼跡)のごく近くにあります。津和野町と協定を

結んでいる文京区での講演会、意義深いことです。

 

 講演会の件、2月ころから相談が始まっていました。張先生、

「やめにしましょう、と連絡がいつくるかと思っていた」と

笑いながら。

 

 先生は日本語教育が専門ですが、西周の研究者でもあります。

  *学位論文「日本における西洋近代の需要と儒学の効用」

昨年6月、津和野を訪問されています。8歳の息子さんも西周の

ファンになったそうです。

 

 西周はどう登っていいかわからない巨峰です。先生は鴎外の

「西周伝」から接近する方法をおとりになりました。われわれは

張先生というよきガイドをえたと思います。

 

 先生と知り合い、今回の講演会をプロデュースしたのは、

上海の都市考現を研究する山口勝治さん(東京)です。山口さん、

「次はくだけたテーマのサロンをやりましょう」とおっしゃって

います。

 

    10.29 三島 八雲の会