925 東海道・蒲原宿

 8月28日、静岡市清水区蒲原へ行ってきました。東海道15番目の宿場町、

明治以後は元勲の別荘地という由緒があります。東京から日帰り旅行の可能性を探っています。

 

 古い建物が維持されていて、宿場町の見ごたえとしては一級の評価です。愛好者による見学イベントのブログがあります。

    http://d.hatena.ne.jp/tokaidorekisi/20130825/1377427677

http://sanpocafe.exblog.jp/20258542/

 

 建物の管理はNPOなどに委託しています。代表の女性たちから、熱心に説明してもらいました。 

 

 感動したのは「木屋・渡邊家」。代々蒲原宿の問屋職を務めていました。幕末に現れた当主は、木造3階建ての文書専門蔵を造り、日記・日本地図・世界利図・絵などを遺しています。伊能忠敬より数十年前の日本地図には竹島が載っていました。

 

 ところで旅の楽しみは食べること。蒲原には、駿河湾でしか獲れない「桜えび」があります。漁や干し場の風景、料理が目玉になりそうです。

老舗日本料理店「よし川」

    http://unagi-yoshikawa.com

 

 窓口は酒販店「市川商店」の市川社長。「NPOかんばら国際交流会」の理事長でもあります。中高校生を引率して米国の交流先へ行き、帰ったばかりでした。島根の蔵元「都錦」(江津市)を尋ねたこともおありです。

 

    9.1  三島 八雲の会