913 森鴎外の(カフス)ボタン

 板橋区の「遊座・大山商店街」。「遊び心で商店街を活性化しよう」との狙いをこめています。   http://youza.jp/ 

 発案者は商店街振興組合役員の吉田和雄さん(60歳)。歴史が好きで、遣島使に推薦したいくらい島根にも詳しいかたです。しゃべりが巧みで、2時間の映画を観て、6時間しゃべるといわれるそうです。  

 商店街の「ふるさと市場」でお話をしました。東北地方の物産を販売しています。大間のまぐろ、稲庭うどんのイベント販売などもやるそうです。 

 吉田さんには「ボタンの集い」なる仲間がいます。牡丹でなくカフスボタン。森鴎外の詩からとったネーミングです。

  http://www.geocities.jp/sybrma/346ougai.shi.botan.html  

 日露戦争のさなかに、かつての恋人を思う詩を作った鴎外に、遊び心の

極致があると、感に堪えない様子でした。「軍医や小説家としての鴎外よりも『生な人』に興味がある」と。 

 鴎外の津和野のほかに、後鳥羽上皇、後醍醐天皇の隠岐の話もでました。もちろん津和野、隠岐に行かれています。 

 鴎外の小説、いまは教科書に載らないそうで、若い人たちは知らなくなってきています。知ってもらうのにどうしたらいいでしょうか。子供たちに慕われた「親の顔」に注目すべきと思っていましたが、恋人を思い続けた鴎外もいいですね。                 6.6