904 古代出雲を楽しむ

 スピリチュアルに続くパワースポットブームで、出雲地方の神社参拝者が増えてい ます。お参りしているのは、主に若い女性です。 

 文芸春秋1月号の巻頭随筆で、立花隆さんが「これほど刺激的な本はない」と安本 美典「邪馬台国と出雲神話」を紹介しています。これに続いて村井安彦「出雲と大和」(岩波新書)がよく売れているそうです。 

 後者は、「写真をふくめて、大国主神や出雲系の神々を求めて各地に出かけ現地を 訪ねた旅の軌跡」です。出雲地方の神体山(神社以前の信仰)にいくつもお登りになっています。読者の旅心を誘うのではないでしょうか。 

 願ってもない気配であり、団扇で煽って火をおこしたいものです。幸運の女神に後 ろ髪はないといいます。主なお客はシニアの男性でしょう。 

「古代出雲を楽しむツアー」の相談がきています。2泊3日ですが、見学場所が多すぎて絞るのに苦労しました。 

   見学場所:・出雲大社をはじめ神社。

        ・加茂岩倉、荒神谷、西谷墳丘墓などの遺跡。

        ・歴史博物館、風土記の丘などの施設。 

 藤岡大拙館長(荒神谷)、本間恵美子所長(風土記の丘)、松本岩雄さん(歴博)らに応対をお願いしています。 

 八雲の会は、地元の観光サービスを紹介したり、アポ取りの代行をしようと思いま す。 

  4.4