900 出雲・下北・上海・津和野

津和野出身の弁護士・山﨑克之さんから島根ファンの紹介を受けました。

  山口勝治氏:元NEC、現公開経営指導協会  

お会いする前、熊野大社(松江市)や須我神社(雲南市)に参拝したことがあると知り、わけを知りたいと思っていました。 

わけは神社です。山口さんが育った埼玉県蓮田市には須賀神社(祭神:スサノオ)があり、宮司は鍛冶屋だったとか。「出雲族の東遷」というテーマに興味をもつようになったそうです。  

以前出雲いわい神社(毛呂山町)の紫藤宮司さんから聞いた話しを思い出しました。旧武蔵の国の神社に「出雲族の東遷」の伝承があるようです。  

山口さんがお書きになった著作があります。

  「三井物産技師 平野勇造小伝」 西田書店 税別1600円

     http://blog.livedoor.jp/guen555/ 

平野勇造は、山口夫人の親戚筋です。出身地は、青森県下北半島の大畑。大畑は北前船の寄港地でした。島根との共通点です。進取の気性に富んだ土地柄で、外国に渡ったかたも多くいます。平野勇造もそのひとりです。 

平野勇造の篤実な人間性と米国での経験を買った人物のなかに、三井物産を作った中上彦三郎、益田孝がいました。代表作品は上海総領事館で、今も威容を放っているそうです。 

上海市の都市考現を研究する山口さん、西周をテーマにした講演会を今秋に準備中です。講師は張厚泉・上海東華大学教授。山口さんは西周の出身地、津和野も訪問なさっています。旅館「名月」の前で撮った、若いころの写真を見せてもらいました。  

   3.3