895 着物力

宮城県気仙沼市の和装小物メーカー「たかはし」の高橋和江社長を、茶道三斉流家元教授の梅村尚子さんに紹介しました。女性ー女性のマッチングは例がなく心配したのですが、双方から喜ばれる、いい出会いになったようです。

   ・有限会社たかはし 宮城県気仙沼市 

     http://k-takahasi.com

   ・茶道三斉流    島根県出雲市  

たかはしの商品の狙いは、「簡単に美しく着こなせ、着物を楽しんでもらう」です。いまの時代にあわせる工夫があります。 

二人のお話を聞いていて、「着物の力」を感じました。

・海外では、着物は歓迎され、ワンランク高める。 

・働く女性の間で、着物を楽しむかたが増えている。オン・オフのスイッチに

 いいようだ。 

・3.11のあと事業をどうするか悩んでいた。3週間目から、「汚れた着物

 を洗ってほしい」と、2000点以上の依頼がきだして対応に追われ、悩み

 は吹き飛んだ。女性にとって着物は特別だと思った。  

・失くしたかたへ、着物を送る運動をした。危ぶむ声もあったがして正解だっ

 た。送った人と受け取った人の、交流が深まっている。 

着るひとが減って、着物は厳しい環境と思っていたのですが、新しい流れができています。ただし、たまに着るだけなので、カジュアル化が必要です。

たかはしはその流れに乗ろうとしています。 

梅村さん、「着付けはもっとかんたんにできる。着付教室が難しくしている」そうです。 

 ご参考までに:

  1.七緒  カタログ通販

     http://www.president.co.jp/nanaoh/

  2.津田家 和装小物店(新宿)

     http://www.tsudaya-shinjuku.co.jp/

  3.ローズカラー(京都)

     http://nttbj.itp.ne.jp/0758016226/index.html 

  1.23