877 津和野

 犬も歩けば877 津和野 

「津和野高校の生徒全国募集」なるテーマに関わっています。八雲の会では、現地で活動している学生の福井健君を交えて意見交換します。

    日時:9月14日(金)18時~

    会場:丸の内第一法律事務所

    定員:10名(現在7名の申込) 

都内開催の、「東京島根県人の集い」に、初めて参加しました。(9月2日)お見えになっていた下森町長は「福井君らには成果を期待している」と、当然の発言でした。 

なにを目標とし、成果をどう考えているか、福井君から伺います。来春まで残り時間は限られています。長期的には、高校だけでなく、津和野町の問題として対応することが必要だろうと思います。 

今朝の日曜美術館は「安野光雅86歳いま日本を描く」を特集していました。絵本作家の安野さんは津和野の出身で、美術館があります。展示スペースのほかに、小学校の教室を再現しています。2階にはアトリエがあって、いま安野さんが描いているのは、「旅の絵本―日本編」です。 

ガンとつきあいながら「切実に描いている」と語っていました。

  ・日本にもいい風景がある。

  ・覚えていることを描く。見に行ったり、調べたりしない。

  ・なまこ塀の家、機関車などは津和野もどこも同じだ。 

「旅の絵本―日本編」が津和野からできつつあること、心強いことだと思います。               9.9