867 福島県石川町

 犬も歩けば867 福島県石川町 

福島県石川町の加納武夫町長は、雲南市出身。地震(地盤がいい)、放射能(方向が幸いした)の被害が軽微だったことから、「福島復興の先頭に立つ」が町の目標です。  

4月に訪問したのですが、17日に再訪しました。前回は東京からバス、今回は新幹線を利用。東京~新白河が1時間半、石川町までタクシーで40分ほどでした。日帰りで、町長を交えての情報交換、現地見学をしました。 

町の最大のテーマは、工業用地(60千m2)の販売です。見学しましたが、けっこうな面積です。これを分割しないで、1社に販売するのが目標です。交通アクセスは至便ですが、円高で海外移転を検討する企業が多い環境では、かんたんではありません。 

打合せの会場は総合体育館の会議室。国体のハンドボールの会場に使ったそうで、床面積は大きく、天井は高い、まことに立派な施設ですが、維持費がたいへんでしょう。電気料金削減の案が欲しいところです。 

「高齢者活き活きサロン」。医療費削減を意識して、ボランティアが運営しています。平成18年度からスタートし、36カ所に広がっています。効果は「近所の人や仲間との交流が増えた、よく笑うようになった」などです。(アンケート結果) 

「石川サイクルロードレース」(主催:全日本実業団自転車競技連盟)。町道を利用していますが、高低差があるのが好評だとか。島根県からも出場者がいるそうです。              7.21