850 福島県石川町

 犬も歩けば850 福島県石川町 

電車の中吊りに「いつもと同じ春がきました。いこう福島の旅」とあります。 

21日、22日、1泊旅行で、福島県石川町へ行きました。一行は、雲南市東京ふるさと会(難波会長)、八雲の会、遣島使、島根県東京事務所などで総勢14名。 

加納石川町長は島根県雲南市出身です。福島県59市町村で、ただひとり出身者でない首長です。企業経営をしていたかたで、随所にリーダーシップを見聞きしました。 

見学先やバス内での案内、さくら見物、懇談、見送りなどの受け入れは、行き届いていて、各所で歓待をうけました。

  見学先: ・和泉式部伝説のある清水やお寺

       ・鉱物展示「日本3大鉱物の産地」

       ・鈴木畜産「石川はちみつ和牛」  

町長とは初日の夜、懇談をしたのですが、翌日の見送りには参りました。泊まった旅館(八幡屋)もそこまでやるかという見送りでした。町長の指導だとか。八幡屋の東北地方でのランキング1位だそうです。 

町のいまの課題は「風評被害」の払拭です。放射能の測定は各所でやっていて、「東京より低い」と聞きました。地盤がいいことから地震の被害も小さかったそうです。 

「福島復興の先頭に立つ」のが、被害の小さかった町としての目標です。マラソンでも先頭を走るのはたいへんです。島根出身の誇るべきリーダーのたてた高い目標、応援したいと思います。 

石川町には喜んでもらい、難波会長はじめ参加者の皆さんにも旅行は好評でした。「また行こう」という声もあります。    4.23