848 神話の聖地 出雲

 犬も歩けば848 神話の聖地 出雲 

このたび平野高司著「神話の聖地 出雲 出雲から全国へ 大国主神伝承旅日記」が発行されました。

  著者:平野高司 ・元三井物産 茨城県出身

          ・八雲の会、風土記友の会、遣島使などに所属 

  発行者:出雲商工会 0853-53-2558 

平野さんの出雲通いは並でありません。序文で、「神話の国・出雲」に魅かれていったいきさつを述べています。商社マンとして、海外生活が長かったことが大きいようです。 

「日本とは・・・」「日本人とは・・・」というテーマに取り憑りかれていた平野さんを「出雲」は知識を超越した「何か」をもって迎えたそうです。旅は出雲に留まらず西日本各地に広がっていきました。 

この本は、大国主神が足跡を残している、国内各地への旅日記です。各地とは、因幡、紀伊、越、信濃、伊予、播磨、筑紫、大和。初めての試みではないでしょうか。 

「古事記1300年」を機会として、平野さんの熱意が形になったことを祝福したいと思います。             4.10