843 相撲のはじまり

 犬も歩けば843 相撲のはじまり 

松江市の石屋古墳(東津田町 5世紀中頃)で、国内最古の人物埴輪群を確認したと報道しています。埴輪片を復元したら「力士像」などだったと。下半身のみの力士(高さ約80センチ)は、腰にふんどし、足首に武器のとげが装飾されています。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2EAE2E68A8DE2EAE2E1E0E2E3E09180EAE2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000

相撲のはじまりには、2説あります。

 2説:1.古事記 出雲の稲佐の浜で、タケミナカタとタケミカズチ

             が争った。(国ゆずり)      

    2.日本書紀  出雲の野見宿禰が、当麻ケハヤに相撲で勝った。 

いずれも出雲と関係があるのですが、今回の「力士像」の確認で、真実味が濃くなりました。島根県は「古事記1300年」のキャンペーンを展開中です。コンセプトは「はじまりが、はじまる。しまね」。願ってもない「力士像」です。 

なお国技館は古事記説をとっていて、壁画があります。 

ところで隠岐の「古典相撲」をテーマにした映画「渾身」(錦織良成監督)の上映準備が進んでいます。島根に、はじまりだけでなく、いま生きている「古典相撲」があるとは、すばらしい! 

隠岐の相撲をレポートした本「相撲島」があります。著者のほれ込みは並ではありません。柔道ニッポンに貢献した、隠岐出身の人物(故横地治男氏)が登場します。        3.10