839 石見銀山の語り部

 犬も歩けば839 石見銀山の語り部 

元エーザイの杠(ゆずりは)さんから講演会の報告がきました。下欄のメール、お許しをえたので、ご紹介します。 

講師の渡辺辰朗さんは、大田市出身、遣島使メンバーです。「関東石見銀山会会長」として、各地で講演をなさっています。いわば語り部です。 

石見銀山にナイアガラの滝のような圧倒的な景観があるわけではありません。行ってもらい、楽しんでもらうには説明が要ります。杠さんが感心するくらい、講演は成功していたそうです。 

これとは別に渡辺さんにお願いして、都内で「石見銀山セミナー」を準備中です。骨子を確認しました。

  ・見どころ 町並み地区、五百羅漢、龍源寺間歩

・案内   世界遺産センター、ガイド

  ・交通   ベロタクシー

  ・食事   咄々庵     

棟方志功が驚いたという彫刻、キリシタンの墓など、へーと驚く話もいくつか伺いました。 

地元では、石見銀山だけでなく、三瓶山と会わせてPRしようという動きがあります。4千年前を伝える「小豆原埋没林」はすごいそうです。

          http://nature-sanbe.jp/azukihara

 大田市で1泊してもらい、ゆっくり味わう旅行を提案したいと思います。

   2.19  

        

三島 様 

おはようございます。

昨夜、土浦にある茨城・県南生涯学習センターにて、遣島使・渡辺辰朗さんの

講演があり、聴講しました。表題は「世界遺産・石見銀山遺跡とその文化的景観-その歴史と果たした役割-」です。

講演内容も分かりやすく、出席者も70名くらい。講演後の質問も多く、たいへん盛況でした。

島根の観光パンフレットも配付され、皆さん、島根に行ってみようと、関心が高まったのではないかと思います。なるほど、これが”遣島使”の仕事かと、感心した次第です。

今後のますますの御活躍を祈念しております。 

出席のご報告までに! 2.17  杠 輝昭