832 島根と青森

 犬も歩けば832 島根と青森

 錦織映画監督から連絡がありました。隠岐の古典相撲の映画「渾身」が4月には完成するそうです。 

監督とは2000年にやった「八雲の会100回記念」で挨拶してもらったころからの交際です。その後の作品はすべて観てきました。

 作品:白い船、ミラクルバナナ、うん・何?、レイルウエイズ、わさお

 最近作「わさお」は、青森県鯵ケ沢町が舞台でした。町や青森県との関係ができています。青森県は相撲の盛んな土地柄です。監督は、縁を感ずるものがあるそうです。因みに舞の海はこの町の出身です。

私には舞の海体験があります。10年ほど前、しまね産業振興財団に出向していたときです。東京都交通局のイベントで、舞の海に島根の品物を贈呈しました。舞の海から「島根は相撲の発祥地ですね」といわれたのです。当時、いわれを知らなかったことから、うろたえてしまいました。

舞の海は昨年「土俵の矛盾 大相撲、混沌の中の真実」を上梓しました。スポーツではない、神事、文化、興業などの要素をもつ、矛盾に充ちた大相撲を説いています。「かつての日本人はこの曖昧さと矛盾を大切にする、よき国民でしたが、このところ・・・西洋的価値観で捉えています」。 

勉強家の舞の海、隠岐の古典相撲も知っているでしょうか。「渾身」がきっかけになって、波がたち輪が大きくなってほしいものです。隠岐へお客の流れも期待します。 

    1.21 八雲の会 三島