829 新著ご紹介「古事記外伝 スサノオ物語」

 犬も歩けば829 新著ご紹介「古事記外伝 スサノオ物語」

 おめでとうございます。

 今年は「古事記1300年」です。神話の現場である出雲(島根)に光があたるでしょう(願望も)

このタイミングで、いい本が出版されました。

  「古事記外伝 スサノオ物語」

    著者:佐草一優  発行所:我夢プロダクション(町田市)

    定価:1400円+税

佐草さんは、松江市出身、獣医です。八重垣神社の出自で、宮司だった祖父はじめ家族や親戚、地元の皆さんから多くのお話聞いておいでです。この本はそれらを再構成したものです。

 獣医として医院経営だけでなく、世界の野生動物保護、会社経営、ラジオ出演など、多方面な活動をなさっています。お国自慢に陥らない、クールヘッドをおもちです。

佐草さんの豊かな想像力の賜物で、わかりやすくて感動のあるストーリーです。

 1.スサノオの誕生、はなばなしく活躍して死に至る生涯がわかる。

  2.出雲の各地の山、川、スサノオ・イザナミを祭る神社、お墓、オロ      

   チ退治の伝承地などがわかる。

  3.イザナミによる死の意味を語ることばに説得力がある

 私は、イザナミの役割に気づくことができたのが最大の収穫でした。

 この本の販売、普及をお手伝いしようと思います。購入ご希望のかた、ご連絡を待ちます。また販売していただける場所に関する情報を期待します。

      1.2 八雲の会 三島律夫