810 撫子

 犬も歩けば810 撫子

放送作家・語源ハンターのわぐりたかしさんが、「撫子」の語源は八重垣神社(松江市)にあると書いています。

祭神のひとり、クシナダヒメは、両親のアシナズチ、テナズチが撫でるように可愛がって育てた子、まさに撫子だったと。

 私は知りませんでしたが、うれしい説だと思います。

詳しくは、添付ファイルをご覧ください。

わぐりさんは「地団駄は島根で踏め 行って・見て・触れる語源の旅」の著者。かねて「語源遺産を巡る旅」を提案しています。

 記事では「古事記1300年」にも触れて、「神話を巡る旅も、また楽しい」と、島根にエール送っています。

事業の貴重な理解者のひとりです。

そういえば昨年4月の八雲の会で、奥出雲町の井上町長をご紹介し、旅の実現にむけて準備をすることにしました。

  9.17 三島律夫 八雲の会