801 小泉八雲

犬も歩けば801 小泉八雲

 小泉八雲の直系は一雄、時、そしていまの凡先生(島根県立大教授)です。

 八雲会発行の「へるん48号」に丹沢榮一さん(東京都市大学講師)が、

2件寄稿しています。

1.    小泉一雄先生の思い出

2.    小泉時先生の思い出

丹沢さんが、時さんに会うきっかけになったのは、1993年3月、

目黒区八雲で行われた凡さんの講演会でした。(目黒八雲の会主催)

目黒八雲の会(高橋孝之代表)は、目黒区八雲と島根県八雲村(いまは

八雲町)の文化交流を目的とした事業を行っていました。

その一環として、当時八雲記念館学芸員だった凡さんに、講演を2度

お願いしています。

1.    小泉八雲を語る会 93.3.25 緑ヶ丘文化会館に

2.出雲神話を語る会 94.3.23 八雲氷川神社にて

 小規模の講演会でしたが、丹沢さんのライフワークのきっかけになった

とは嬉しいかぎりです。

加えて凡さんが八雲村の人、モノを知るきっかけにもなりました。 

たとえば志多備(したび)神社の神木「すだじい」です。

日本一の太さで知られています。

http://www2.izumo-net.ne.jp/oyashiro/matsue/cat44/

アイルランドにも樹木信仰があると、その後の講演でお聞きしました。

国際文化比較の好事例になっています。

このすだじい、水木しげるさんも見ています。

妖怪がいっぱいいると、大喜びだったそうです。

ただならぬ気配は、私でも感じます。

  8.11 三島 八雲の会 http://yakumonokai.jimdo.com/