796 雨の日の松江

 犬も歩けば796 雨の日の松江

 夕陽を売りとする松江市で、雨の日を楽しみ、演出する動きが始まっています。

 

詳しくは、松江商工会議所報(2011.7)掲載、久保里砂子さんの文章をお読みください。

    久保里砂子さん: ・弘前市出身

             ・松江市中心地活性化協議会

               タウンマネージャー

 

139回八雲の会(2004.3)で、久保さんのお話を伺っています。

イング総合計画・斉藤社長の紹介でした。

当時の仕事場は早稲田商店街事務局。

お話のテーマは「ネットワークしましょう!」でした。

 

記録を見ますと、

「松江市は数度行ったことがある、よその町と違う豊かさのある町」、

とおっしゃっています。

その後、あこがれの地、松江市に活動拠点を移されました。

 

所報のタイトルに「発見!!」とあります。

発見は英語ではディスカバー。

つまりカバーをとって見つけた「前からあったもの、こと」が発見です。

夕陽の陰に隠れていた「雨の日の松江の魅力」を発見した人たちの活動に注目します。

 

文中にあるノグチアキラさんが作詞作曲した「水の都に雨が降る」。

いい歌です。

    http://www.backfire.cc/

   7.21  三島律夫 八雲の会