786 ごうぎんプレス

八雲の会は、山陰合同銀行東京事務所には、スタート以来お世話になっています。

訪問したとき、最新号の「ごうぎんプレス」をいただきました。
特集の「スペシャル対談 日本を元気にする」をご紹介します。
山田 伸顕 公益財団法人大田区産業振興協会 専務理事
間宮 馨  財団法人日本宇宙フォーラム 理事長
古瀬 誠  山陰合同銀行 取締役頭取

いきさつとして、合銀と大田区産業振興協会、日本宇宙フォーラム、それぞれとの包括業務協定があります。

「異なる地域や業種が結びつくことで、新しい価値が生れる」という小見出しに、
期待する思いがこめられています。

間宮さん、宇宙技術の利用例として、「断熱塗料」を紹介しています。
日進産業(石子社長)のガイナのことです。
高耐熱性が要求されるロケット先端部の材料技術を、住宅などの建材用に応用
した事例です。

山田さんの発言に注目しました。

  1. 山陰地方の農林水産業のニーズに期待する。
  2. 大田区の使命は空港のハブ機能とモノづくりにおける国際・国内連携のハブ機能を発揮することだ。


内容と思いのある対談になっています。
詳しくは本紙をご覧になってください。

6.16 三島 八雲の会