ブログ:犬も歩けば 2013年3月

2013年

3月

24日

903 自然生(じねんじょ)緑のカーテン

過日、都内で開催の表記セミナーに参加しました。

   ・共催:経営支援NPOクラブ、やまぐち産業振興財団、ほか

   ・月日:3月8日

   ・会場:中央大学駿河台記念会館

   ・演題:「自然生による緑のカーテン普及」

   ・講師:やまいもまつり(有) 専務 井上 容一

         山口県周南市

         http://www.maturi.co.jp/  

ヤマイモ類は色々ありますが、自然生は日本原産種です。

  類似種:つくね芋、ヤマト芋、ナガイモ  

当社は栽培法(波乗り名人 特許)を確立しています。山で掘るのはたいへんな労力が必要です。緑のカーテン材料としては、葉(省エネ)だけでなく、芋(食)の楽しみもあるのが特長です。 

ビジネスモデルを確立していて、山口県として、海の幸「ふぐ」に並ぶ山の幸「自然生」として、日本一ブランドを目指しています。 

加工商品のネット販売もしています。  

興味のあるかた、小生または直接同社に連絡されてください。 

  3.24 

 

0 コメント

2013年

3月

16日

902 出雲お社倶楽部

「出雲お社倶楽部」は、株式会社フローネのブログです。

    www.flone.jp  

㈱フローネは松江市に本社があり、主たる事業はHP制作です。社長は、木次町出身の野津裕司さん(46歳)。HP制作のほかに農業、ネット通販も。

        http://www.vegetally.co.jp/shop/Top 

東京からUターンしたころの野津さんに、出雲地方の神社を案内しながら由緒を教えた先輩がいました。「すごい」と実感したことは、自信にもなったそうです。都会のかたをひきつける魅力は神社のほかに、木、虹だろうとお考えです。ブログをご覧ください。 

アクセスが多いのは、玉造湯神社(松江市)、韓釜神社(出雲市)。

パワースポットブーム、神社参拝は、県内各地へ分散する傾向にあります。 

須我神社(雲南市)の場合、八雲山(神体山)にある奥宮(磐座)の登拝も人気です。神社よりパワーがあるのでは。  

余談ですが、出雲各地の登拝をレポートした岩波新書「出雲と大和」は、よく売れているようです。  

野津さん、昨年、東京に進出しました。島根への「送客」に、有力なかたが現れました。                 3.16 

 

0 コメント

2013年

3月

04日

901 島根大学

3日(日)、島根大学主催のフォーラムに参加しました。

  「古代出雲文化フォーラム 神話・青銅器・たたら」

            第1部     講演5本

    第2部     1.佐野史郎、福島敦子、小林学長の鼎談

         2.演奏「古代の声 出雲のコスモロジー」 

会場は有楽町マリオン(定員780名)。1500名の応募があったとか。 

島根大学として初めての東京イベントと聞いています。「古代出雲文化」をテーマとしたことに意義があります。島根県、出雲大社はすでに「古事記1300年」でタイアップしていますから、これで「3本の矢」が揃いました。 

島大は今回フォーラムでの発信に続いて、この4月から公開授業「出雲文化学」を開設します。(チラシから)

    4月~7月 15回 会場は島大 入場無料  

イベントの最後に河添教授が作曲・指揮し、6名のNHK交響楽団員が演奏。「音楽の島大」の特長をアピールしました。NHK交響楽団は、県内の学校で指導をしているそうです。  

会場入り口で、島大に加えて、松江市・出雲市・安来市・雲南市が案内コーナーを設置していました。  

協賛事業「古代出雲ツアー」の企画があります。(チラシ)

   企画・実施 トラベルクリエイト

   5月28日~30日 2泊3日

   68,000円 藤岡大拙先生出雲談義、神楽鑑賞、ガイド

   問合せ:0853-22-3045 info@travel-create.com

このような充実したツアーの実施に期待します。 

    3.4 

 

0 コメント

2013年

3月

03日

900 出雲・下北・上海・津和野

津和野出身の弁護士・山﨑克之さんから島根ファンの紹介を受けました。

  山口勝治氏:元NEC、現公開経営指導協会  

お会いする前、熊野大社(松江市)や須我神社(雲南市)に参拝したことがあると知り、わけを知りたいと思っていました。 

わけは神社です。山口さんが育った埼玉県蓮田市には須賀神社(祭神:スサノオ)があり、宮司は鍛冶屋だったとか。「出雲族の東遷」というテーマに興味をもつようになったそうです。  

以前出雲いわい神社(毛呂山町)の紫藤宮司さんから聞いた話しを思い出しました。旧武蔵の国の神社に「出雲族の東遷」の伝承があるようです。  

山口さんがお書きになった著作があります。

  「三井物産技師 平野勇造小伝」 西田書店 税別1600円

     http://blog.livedoor.jp/guen555/ 

平野勇造は、山口夫人の親戚筋です。出身地は、青森県下北半島の大畑。大畑は北前船の寄港地でした。島根との共通点です。進取の気性に富んだ土地柄で、外国に渡ったかたも多くいます。平野勇造もそのひとりです。 

平野勇造の篤実な人間性と米国での経験を買った人物のなかに、三井物産を作った中上彦三郎、益田孝がいました。代表作品は上海総領事館で、今も威容を放っているそうです。 

上海市の都市考現を研究する山口さん、西周をテーマにした講演会を今秋に準備中です。講師は張厚泉・上海東華大学教授。山口さんは西周の出身地、津和野も訪問なさっています。旅館「名月」の前で撮った、若いころの写真を見せてもらいました。  

   3.3 

 

0 コメント